ピアノ買取 悪徳

ピアノ買取で悪徳業者に騙されないために気をつけるポイント!

査定額と実際の買取額が違う?ピアノ買取で悪徳業者に騙されないために気をつけるポイント

ピアノ買取 悪徳

ピアノ買取業者のなかにも、査定額と実際の買取額が違うとか、いざ引取りの段階になって、なんらかの理由をつけて買取額をマイナスするなど、悪徳業者も存在するので気をつけなければなりません。

 

一番多いのは、見積もりの段階では高い買取額を提示しておきながら、訪問での査定の段階になって「思ったより傷が多い」「保存状態が悪い」など難癖をつけて、買取額を減額してくるケースです。

 

やはりわざわざ自宅までしてもらってることもあって、納得しないまでも妥協してしまう人も多いのではないでしょうか。

 

また、「それなら売れません」というと、査定費用や出張費を請求してくる業者もいるようです。

 

基本的に良心的なピアノ買取業者であれば、査定費用や出張費などはすべて無料なので、こういった業者にひっかからないようにしないといけません。一概には言えませんが、大手と呼ばれるところより中小のピアノ買取業者に悪い会社が多いようですね。

 

こうしたピアノ買取の悪徳業者にひっかからないために必要なことは、1社だけでなく、まずは複数の業者に査定依頼することです。

 

そして、買取額を比較することも大切ですが、「訪問査定時に買取額が減額されることはないか」「成約しなくても、査定費用や出張費用はかからない」かを事前に確認するようにしましょう。

 

また、ネットのピアノ買取一括査定サイトを利用するなら、口コミの評判が良く、実績のあるところを選びましょう。

 

ピアノ買取一括査定サイトでおすすめなのは、業界シェアNo.1の「ズバットピアノ買取比較」ですね。

 

提携している25社(※)もすべて厳選された優良ピアノ買取業者ばかりなので、どこを選んでも先にあげたようなトラブルになるようなことはまずありません。

 

※ ウエダ楽器、富田ピアノ、株式会社サンフォニックス、塩塚総合商事、株式会社ジャパンピアノサービス、株式会社ドレミ楽器、浜名楽器、阪神ピアノ運送、ピアノコレクション、ピアノバンク株式会社、株式会社ピアノプラザ、ぴあの屋ドットコム、B.B.Music 電子ピアノ再生工房、株式会社ユニオン楽器、モーツァルト、株式会社トレジャーファクトリー、中古楽器専門店マルカート、ブックオフ福岡株式会社、ミドリヤマ・バンク、中古楽器ラパン、エプコ(2020年4月1日現在)

 

入力はたった3分!25社のなかから、住んでいる地域や条件に合わせて、最大5社に一括見積もり査定鑑定が可能です。業者からの連絡方法も「電話」か「メール」のどちらかを選べます。

 

ズバットピアノ買取比較の公式ページを見てみる


<地域別買取業者一覧>

 

<記事コラム一覧>