ピアノ処分 査定鑑定

ピアノの廃棄処分を考える前に買取業者に査定鑑定して売れるかどうか確認!

ピアノ廃棄処分を考える前に複数のピアノ買取業者に一括査定鑑定して売れるかどうか確認!

ピアノ処分 査定鑑定

ピアノを廃棄処分するためには、かなりの手間とお金がかかるので、その前にいくらかでも売れないかどうかを考えるのが得策といえます。

 

実際にピアノを廃棄するとなると、細かく分解でもしない限りは、不燃物としてだすことはできないので、専門の産廃業者に依頼することになります。

 

もちろん無料で処分してはくれません。運搬代金と処理費を合わせて、5万円程度は覚悟しておく必要があるでしょう。地域によってばらつきはありますが。

 

そう考えると、廃棄処分よりも近くのリサイクルショップやピアノ買取業者に買い取ってもらえないかを検討したほうがいいでしょう。

 

ちなみに売るなら、リサイクルショップよりも専門のピアノ買取業者のほうが高く買い取ってもらえる可能性は高いです。リサイクルショップだとピアノを価値を高く評価してくれないところが多いようです。

 

また、メーカーでいうと、他のメーカー(アトラスなど)に比べて、ヤマハとカワイのピアノは高く売れる傾向にあるといえます。それだけ需要が多いということですね。

 

ただ、ピアノ買取業者といっても大手から中小までいろいろあるので、複数の業者に見積もりをとって買取額を比較することが大切です。家の近くになくても、大手なら全国対応のところもけっこうあるのでネットで探してみてはどうでしょう。

 

一番手っ取り早いのは、ピアノ買取一括査定サイトを利用することです。ネットやスマホから、ピアノのメーカーや型番など1回入力するだけで、複数の業者にまとめて査定依頼することができます。

 

おすすめは、サイト利用者数&提携しているピアノ買取業者数とも業界No.1の「ズバットピアノ買取比較」ですね。

 

業界シェアNo.1だけあって、提携している会社も優良企業ばかりなので安心です。なかには、訪問査定の段階になって買取額を下げてきたり、断ると出張費を請求してくるような悪徳といわれるピアノ買取業者も存在するようですしね。

 

「ズバットピアノ買取比較」なら、25社の提携業者のなかから住まいや条件に合わせて、最大5社に無料で一括査定依頼することが可能です。連絡方法も「電話」か「メール」を選択できるので、電話をかけられるのが嫌な方でも安心して依頼できます。

 

ピアノ買い取りズバット鑑定

 

ズバットピアノ買取比較の公式ページを見てみる


<地域別買取業者一覧>

 

<記事コラム一覧>

<参考動画>

最大5社!ズバットピアノ買取比較【無料一括見積もり】はこちら

    【文字起こし】ピアノの鳴りについて考えてみた|神戸市北区と三田市の音楽教室 平瀬楽器平瀬楽器の平瀬智樹ですおはようございます昨日なんですけれどもうちの音楽教室では久しぶりに発表会を行いました発表会の朝っていうのは基本的に調律から始まりますそのホールは家が食べさせて頂いてませんので他の上越市の人が来られても喋ってると久しぶりの調律という風な話しぶりですかって聞いたら今年の3月の天気風なお話をされてました今11月ですから半年以上時間が空いてるわけなんですよねまあ一般でも鑑定でしたら1年2組の普通なんですけどもプールのピアノっていうのは基本的に本番があるたびに移しますよねということはコールは半年以上本番がなかったのかなという感じなんですそれもそのはずであのコロナの影響でこのホールが使いにくい状況にありましたね実際栄冠っていうところもたくさんあったと思いますのでも無事事情聴取してないってのもそうなのかなあとは思うんですが実際に発表会を行ってみると気付いたですねその最たるものが楽器の形なんですそのホールはこれまでにも何回も使わせて頂いてるほうですよ別に何も変わってないです前と同じでもねなんとなくこうで楽器の鳴りがね低いような気がするんですけど持ってたんちゃうかなっていう風な感じでしたそれは我々だけじゃなくて今日する先生方もそんなことをおっしゃってたんですねというわけで今回はですねこの楽器の形っていうものに関して内部と外部と二つの方面から考えてみたいと思いますまず楽器の鳴り内部の方から考えています今回はまピアノという楽器をメインに考えるんですけども例えばピアノと言うか半年ぐらい引いていないとどういう風になるでしょうかを考えられるのは幻の件ですねあれがしなくなるそういうことはないかなと思うんですが連続であんまり動かないと思ってそれよりももしかするとハンマーがこの半年の間にもしかしたらちょっと固くなっ 硬い音になってしまってそうよそれは考えられます二つ目に考えられるのは軽ですピアノのケースっていうところがいそうですねこのボディーですピアノっていうのはまこれアップライトでもグランドピアノでもそうなんですけどもこのボディがスピーカーの役割を果たすわけなんですよねなのでちっちゃい書よりも大きい牡蠣の方が豊かな音が鳴りますよってのはよくいう話なんですがこれはグランドピアノでも全く同じでご家庭に起きるような180センチと200センチぐらいの長さのピアノありますけどもやっぱり270とかちょっと大きいピアノがホールに置いてありますよねあれは大きな音が何て書いてあるわけですあの大きなボディこれが全部スピーカーなんですけどもこの半年とかの間にちゃんとひかれてなければ当然なんですけどもこの日もおそらくね言っと固くなってしまうと思うんですやっぱりで楽器の信号は続けることでいいようになるのと同じで逆の方向の変化も考えられるんですよ全然引いてなかったやっぱりこのボディも萎縮してしまいますやって行くんですよね車とかコーチとかでよく例えるんですけども例えばすまない家がどんどん行きます取らない車がどんどん傷んで声と同じでしかないピアノはどんどんならなくなるんですよね逆に言えばその逆これはですね昨日言っただけではなくて日本全国模試会場かもしれないコロナの影響で出てきたようなのかもしれませんこれからコロナ影響もあるんですけども音楽会とかは解禁されていますとですねお近くの方の近くのホールで何が抑えられると思うんですよね可能であればまず地元のピアノ地元のホールのピアノをしっかり流すそういうところから始めていただけたらいいんじゃないかなと思いますというわけで今回はの形について内部の方から考えてみました次回は外部環境からについて考えてみたいと思いますはいというわけで今日の動画いかがでしたでしょうかこのチャンネルでは音楽の豆知識楽器のお手入れなんかおめぇにお話ししているチャンネルです今日のお話でちょっとでも興味深いなとか面白いなとか思って頂けた方はチャンネル登録と高評価ボタンを押しといて頂けると非常に嬉しいです宜しくお願い致しますあと4チャンネルではみなさんからのご質問を受け付けております今日はちょっとピアノのお話をしましたけどもギターでもエレクトーンでもトランペットで馬は全然なんでも出したことですので今日の動画のコメント欄にこの楽器のこんなことがわからへんていうのを書いていただければお答えさせていただければと思いますあの文字で答えた方が早い場合は着きますけどもこういう形で動画では重たいした方が面白いなあという場所は動画で答えさせていただきますまたあのねその他貴重ですね是非是非よろしくお願いします後ではコンサートのライブ配信っていうものちょこちょこやっております YouTube で見ていただくには基本的に無料で楽しんで頂けますので是非色んな音楽を楽しんでいただければと思いますクラシックあり小倉ありたまに演歌とかもなくなると思いますんでね色んな音楽を楽しんでいただければと思っていますのでそちらの方も楽しんでくださいまたの一定時間空きましたら告知の動画とかあげさせていただければと思っていますというわけで今回も最後までご覧頂きましてありがとうございましたまた次の動画でお会いしましょうさいなら ハイジの手書きの平瀬智樹ですおはようございます前回の動画の続きなんですけども発表会を行った時に半年以上ピアノ上手が空いていたという状況でしたね実際に発表会を行ってみるとちょっとねまだよりも学級何が弱いような気がするねっていう話を先生がととしましたでこの楽器の形っていうのは一体どこから来てるのかなっていう話を前回は楽器の内部から見たお話をさせていただきました今回は楽器のガイドのお話をしたいなと思いますが好きの外部っていうのは一体どういうことやっていう話なんですけどもご家庭の場合はちょっとこれはね違うんですよね昨日みたいに発表会とかコンサートとかの場合の外部環境なんですがそれはそのものズバリです建物のお話昨日発表会させて頂いた方には今年の3月に入って以来11月の機能が初めての調律でしたよは半年以上ちゃんとした本番がおそらく行われていなかったんだろうということになっていますということは楽器が鳴らないっていうことに繋がるんですけれどもその期間楽器がほとんど引かれてないので学級何が抑えられたってのがまぁ前回お話しした今回はそれ以外のところなんですが8日ですねこの3月から11月までの期間本番がほとんど行われていない会場は一体どういう状況になるのかという話なんですねコンサートホールっていうのは残業とか色々ありますよね設計のでそういうことが色々考えられていますもちろん温度湿度によっても全然音の取り方が変わってきます後プラスしてお客さんの入り方によっても当然変わってくるわけなんですねでもちょっと例えでお話しさせていただきましたけども乗れない車すまない家っていうのはどんどんどんどん傷んで行きますよねっていう話よくするんですけどもこのホールの場合は住まない家に移動するのかなあと思います使ってないホール痛みがまだ激しいですしないなんかそういう印象がありませんもしかしたらそういう先入観で見てしまってる部分もあるのかもしれないんですけどもやっぱりで使ってないホールで響かないんですよおそらくこれはねピアノの外側が響かないって言うとほぼ一緒なんかなぁと思います箱でスピーカーですってなってるだけでねあの方どんだけ響かせるのがすごく重要になってきますのでやっぱり使ってないホールが響かないっていうのは一つあるのかなあと思いますあとですねこの対策によって昨日なんかはですね一つの自然数を極端に減らしたねこれまでだったらうちの場合は30名から35名ぐらい入っててもらうってのは普通やった昨日は一番多いとこで18名でした半分以下ぐらいにしていますけどさんが18名15名とかそれぐらい人数ということは必然的に観客席のお客さんの数も少なくなるわけよねお客さんがねやっぱり入ると音はそんだけ吸われるんです沢山入ると音は飛ばなくなりますその点昨日でお客様は本当入ってないですかの客席ですということですねこれまで引いて感じたことと機能って感じた弟は全然違うもんがなってきてるはずなんですよねそれを良くなってると言うか変な方向に響いてるのかちょっとわかんないですでもこれまでよりも確実にその日時代が変わっているのは確かですよねで今なんですけども発表会コンクールにしてもお客さんの数をとことんまで減らすもしくは無観客で行ったりする場合結構増えてると思うけどもそういった場合はやっぱりね普段と全然違うことになりますってどんだけ何回も場数を踏んでいてられたホールであったとしても全然違う事が入ってくると思って間違いないと思うよねなのでピアノの場合どこに注意していただきたいですこれぐらい響くだろうと思ってふと思ってなんかわけわからんっていうことがありえるかもしれませんある程度レベルがある方でしたちょっと引いてみてねこれぐらいかじゃあ思いっきり踏んでて少し 米2升っていう風なコントロールができるかなと思いますそこまでずっとレベルがない方はもしかしたら今日のホールはやばいかもしれないのでいっぱい踏むのはちょっと控えた方がいいかなってちょっと頭で考えながら演奏するのもいいかもしれませんなかなかそのコンクールの場合は一発勝負がほとんどですよね事前に練習はさせてもらえませんのでそのホールの響きがいてどんなもんか全然わかんないですなのでそこの響きを事前に答えたもんがちな部分はありますので楽器の響きもすごく大事なんですけどもホールの響きも意識して組み立てて言っていただければいいんじゃないかなと思いますこれは本当にあの前回もお話ししましたけどもうちの地域だけではなく日本全国世界各国どっこも共通のお話なのかなあと思います特にやっぱり観客と全然違いますよねその状況で同じ精神力で同じように演奏できるかどうかすごい大変なことだと思いますので予めそんなこともあるのかなっていう風なことを頭に入れて本番に臨んでいただければと思いますというわけで今回は楽器が鳴らない若い部下のお話をさせていただきました何かの参考にしていただければ幸いですはいというわけで今日の動画はいかがでしたでしょうかこの夜は楽器のお手入れとか音楽の豆知識をよくお話ししているチャンネルです今日のお話は興味深かったなぁとかちょっと面白かったなとか思っていただけた場合はチャンネル登録と高評価ボタンを押しておいて頂けると非常に嬉しいです是非是非よろしくお願いいたします